Mina コイン。 地域通貨「MINAコイン」運用開始 南島原 256店で利用可能

九州初の本格デジタル地域通貨 南島原市のMINAコインを提供開始 コロナ経済支援策で50%プレミアムも

コイン mina

ポイント付与上限:総額1億5千万ポイント(1億5千万円相当分)、1人あたり上限1万ポイント• 銀行と行員による地域経済の回復に取り組む動きは全国的も広がりそうな予感である 関連: 関連:. 出典:広報みなみしまばら(2020年10月号(第174号)) 拡大する地域それぞれの取り組み 新型コロナウイルスが未だ落ち着く気配がない中、横浜銀行は2020年8月3日から翌年2021年1月31日までの期間限定で、地元支援のため取引先の宿泊施設や飲食店で利用できる地域通貨を発行し、横浜銀行従業員が決済できる が始まっている。 初日はチャージした金額に対して50%のポイントを付与する新規加入キャンペーン(3月15日まで。

5

九州初の本格デジタル地域通貨、南島原市のMINAコインを提供開始。コロナ経済支援策で50%プレミアムも

コイン mina

自身のタブレット端末やスマートフォンで「MINAコインアプリ」をダウンロードし、銀行口座や市内各所に設置予定のチャージ機からアプリへ現金をチャージしてお買い物を楽しむことができる。

九州初の本格デジタル地域通貨、南島原市のMINAコインを提供開始。コロナ経済支援策で50%プレミアムも

コイン mina

コインサークルといえば、それこそ蝶乃舞氏の一押しコインである、ラディアンの発行元でもあり、トラベルン(VOY)もまたコインサークルが発行しているものです。 。

13

地域通貨「MINAコイン」運用開始 南島原 256店で利用可能

コイン mina

また、グループ会社である株式会社アイリッジの顧客データ分析プラットフォーム「FANSHIP」と組み合わせることでマーケティング機能を融合した決済基盤が構築でき、地域活性化への活用が期待できます。 この事業は、市内にある多くの商店や事業所でご利用いただきたいと考えています。 市内で流通するお金を限定し、地域全体の経済を活性化する目的のため市内の事業所や加盟店のみ利用できる電子マネーになる。

3

南島原の電子通貨「MINAコイン」 活性化の「有効打」なるか 定着へ価値創出が鍵(長崎新聞) 長崎県南島原市と十八親和銀行などが1日…|dメニューニュース(NTTドコモ)

コイン mina

株式会社アイリッジ 株式会社アイリッジは、「Tech Tomorrow:テクノロジーを活用して、昨日よりも便利な生活を創る。

2

【特集】電子地域通貨「MINA(ミナ)コイン」2021年2月スタート(予定)

コイン mina

また、個人ユーザー間で送金を行うことができる。

九州初の本格デジタル地域通貨 南島原市のMINAコインを提供開始 コロナ経済支援策で50%プレミアムも|株式会社アイリッジのプレスリリース

コイン mina

対応機種・機能等は今後予告なく変更する可能性があります。 本取り組みの中で、フィノバレーはデジタル通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を提供するとともに運用支援を行っており、今後も他地域でのデジタル地域通貨支援の経験を活かし、「MINAコイン」の流通拡大を支援してまいります。

MINAコイン(ミナコイン)ってどんな暗号通貨?

コイン mina

また同日より、長引くコロナ禍の影響を受ける地域経済の活性化を目的として、チャージ金額の50%分をポイント付与するキャンペーンも実施します。 株式会社フィノバレー 株式会社フィノバレーは、デジタル地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を軸としたフィンテックソリューションを通じて、世の中の様々な課題の解決を目指しています。 「MINAコイン」は、南島原市役所(市長:松本 政博)、ふくおかフィナンシャルグループ(本社:福岡県福岡市、取締役会長兼頭取:柴戸 隆成)および十八親和銀行(本店:長崎県長崎市、取締役頭取:森 拓二郎)が取り組む、長崎県南島原市を対象とするデジタル地域通貨です。

九州初の本格デジタル地域通貨 南島原市のMINAコインを提供開始 コロナ経済支援策で50%プレミアムも

コイン mina

「MINAコイン」は、南島原市役所、ふくおかフィナンシャルグループ 福岡県福岡市 および十八親和銀行 長崎県長崎市 が取り組む、長崎県南島原市を対象とするデジタル地域通貨である。