雪 の 華 歌詞。 雪の華 歌詞 中西保志 ※ www.olympicyachtcharters.com

雪の華 歌詞 中西保志 ※ www.olympicyachtcharters.com

歌詞 雪 の 華

中島美嘉さん『雪の華』の歌詞 ユキノハナ words by サトミ music by マツモトリョウキ Performed by ナカシマミカ. 中島美嘉的名曲「雪の華」流傳了十幾年,人氣依舊不減 而且這個月翻拍而成的同名電影上映了!感覺很感人啊 只是. 感覺官方是誤把這句解釋為「 甘えとか弱さ とか じゃない」?但這樣的話,"じゃない"前面又少了東西,文法上來講感覺也怪怪的,而且從前後文來看,這個譯文也搭不大上 4. 中西保志 雪の華 作詞:Satomi 作曲:松本良喜 のびた人陰 かげ を 舗道に並べ 夕闇のなかを キミと歩いてる 手を繋いで いつまでもずっと そばにいれたなら 泣けちゃうくらい 風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に キミと近付ける季節がくる 今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの時間 とき に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミを愛してる 心からそう思った キミがいると どんなことでも 乗りきれるような 気持ちになってる こんな日々が いつまでもきっと 続いてくことを 祈っているよ 更多更詳盡歌詞 在 風が窓を揺らした 夜は揺り起こして どんな悲しいことも ボクが笑顔へと変えてあげる 舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと 降りやむことを知らずに ボクらの街を染める 誰かのために何かを したいと思えるのが 愛ということを知った もし、キミを失ったとしたなら 星になってキミを照らすだろう 笑顔も涙に濡れてる夜も いつもいつでもそばにいるよ 今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの時間 とき に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミとずっと このまま一緒にいたい 素直にそう思える この街に降り積もってく 真っ白な雪の華 2人の胸にそっと 想い出を描くよ これからもキミとずっと…. 中森明菜 雪の華 作詞:Satomi 作曲:松本良喜 のびた人陰 かげ を 舗道に並べ 夕闇のなかをキミと歩いてる 手を繋いでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい 風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に キミと近付ける季節がくる 今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの瞬間 とき に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミを愛してる 心からそう思った キミがいると どんなことでも 乗りきれるような気持ちになってる こんな日々がいつまでもきっと 続いてくことを祈っているよ 風が窓を揺らした 夜は揺り起こして どんな悲しいことも ボクが笑顔へと変えてあげる 更多更詳盡歌詞 在 舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと 降りやむことを知らずに ボクらの街を染める 誰かのために何かを したいと思えるのが 愛ということを知った もし、キミを失ったとしたなら 星になってキミを照らすだろう 笑顔も 涙に濡れてる夜も いつもいつでもそばにいるよ 今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの瞬間 とき に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミとずっと このまま一緒にいたい 素直にそう思える この街に降り積もってく 真っ白な雪の華 2人の胸にそっと想い出を描くよ これからもキミとずっと…. 中島美嘉 雪の華 作詞:Satomi 作曲:松本良喜 のびた人陰 かげ を舗道にならべ 夕闇のなかを君と歩いてる 手をつないでいつまでもずっと そばにいれたなら 泣けちゃうくらい 風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に 君と近付ける季節がくる 今年、最初の雪の華を ふたり寄り添って 眺めているこの瞬間 とき に 幸せがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、君を愛してる 心からそう思った 君がいるとどんなことでも 乗りきれるような気持ちになってる こんな日々がいつまでもきっと 続いてくことを祈っているよ 風が窓を揺らした 夜は揺り起こして どんな悲しいことも 僕が笑顔へと変えてあげる 更多更詳盡歌詞 在 舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと 降りやむことを知らずに 僕らの街を染める 誰かのために何かを したいと思えるのが 愛ということを知った もし、君を失ったとしたなら 星になって君を照らすだろう 笑顔も涙に濡れてる夜も いつもいつでもそばにいるよ 今年、最初の雪の華を ふたり寄り添って 眺めているこの瞬間 とき に 幸せがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、君とずっと このまま一緒にいたい 素直にそう思える この街に降り積もってく 真っ白な雪の華 ふたりの胸にそっと想い出を描くよ これからも君とずっと… [中譯] 不斷延伸的影子 在紅磚道上並列 在深夜與你並肩走著 永遠緊緊牽著手 只要能在你身旁 我就感動得快要哭泣 風兒變得寒冷 有了冬天的味道 這條街也即將到了 能和你接近的季節來臨 今年 最初的雪花 向我倆靠近 在眺望著的這個時間裡 充滿了幸福的喜悅 沒有撒嬌和脆弱 只是 愛你 打從心底愛你 只要有你在 無論發生什麼 都會有可以克服的心情 我祈禱著 這樣的日子一定會直到永遠 風兒吹得窗搖 把夜晚搖醒 無論多麼悲傷的事 我用笑容為你改變 雪花飛舞飄落 在窗外一定 不知何時雪已停 把我們的街道染色 想為某人做些什麼事 原來 這就是愛 如果 我失去了你 我會變成星星照耀你 微笑 或被淚水沾濕的夜晚 我會永遠在你身旁 今年 最初的雪花 向我倆靠近 再眺望著的這個時間裡 充滿了幸福的喜悅 沒有撒嬌和脆弱 只是 想永遠地 就這麼一直一起 我真心地這麼想 在這條街上堆積的 純白雪花 悄悄地在我倆胸口畫上回憶 從今而後也要永遠和你在一起 [羅馬拼音] Nobita kage wo hodou ni narabe Yuuyami no naka wo kimi to aruiteru Te wo tsunaide itsumade mo zutto Soba ni ireta nara Nakechau kurai Kaze ga tsumetaku natte Fuyu no nioi ga shita Sorosoro kono machi ni Kimi to chikazukeru kisetsu ga kuru Kotoshi, saisho no yuki no hana wo Futari yorisotte Nagameteiru kono toki ni Shiawase ga afuredasu Amae toka yowasa janai Tada, kimi wo aishiteru Kokoro kara sou omotta Kimi ga iru to donna koto demo Norikireru you na kimochi ni natteru Konna hibi ga itsumade mo kitto Tsuzuiteku koto wo inotte iru yo Kaze ga mado wo yurashita Yoru wa yuri okoshite Donna kanashii koto mo Boku ga egao e to kaete ageru Maiochite kita yuki no hana ga Mado no soto zutto Furiyamu koto wo shirazu ni Bokura no machi wo someru Dareka no tame ni nanika wo Shitai to omeru no ga Ai to iu koto wo shitta Moshi, kimi wo ushinatta to shita nara Hoshi ni natte kimi wo terasu darou Egao mo namida ni nureteru yoru mo Itsumo itsudemo soba ni iru yo Kotoshi, saisho no yuki no hana wo Futari yorisotte Nagameteiru kono toki ni Shiawase ga afuredasu Amae toka yowasa janai Tada, kimi to zutto Kono mama isshoni itai Sunao ni sou omeru Kono machi ni furitsumotteku Masshiro na yuki no hana Futari no mune ni sotto Omoide wo egaku yo Kore kara mo kimi to zutto. 恵莉花 雪の華 作詞:Satomi 作曲:Ryoki Matsumoto のびた人陰を 舗道に並べ 夕闇のなかをキミと歩いてる 手を繋いでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい 風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に キミと近付ける季節がくる 今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの時間に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミを愛してる 心からそう思った キミがいると どんなことでも 乗りきれるような気持ちになってる こんな日々がいつまでもきっと 続いてくことを祈っているよ 風が窓を揺らした 夜は揺り起こして どんな悲しいことも ボクが笑顔へと変えてあげる 更多更詳盡歌詞 在 舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと 降りやむことを知らずに ボクらの街を染める 誰かのために何かを したいと思えるのが 愛ということを知った もし、キミを失ったとしたなら 星になってキミを照らすだろう 笑顔も 涙に濡れてる夜も いつもいつでもそばにいるよ 今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの時間に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミとずっと このまま一緒にいたい 素直にそう思える この街に降り積もってく 真っ白な雪の華 2人の胸にそっと想い出を描くよ これからもキミとずっと…. 「 甘えとか弱さじゃない 」:官方是翻成「 沒有撒嬌和脆弱 」,但是. 1 樓 松本雪莉 これは私のお気に入りの日本の歌です。 中島美嘉さん『雪の華』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

中島美嘉 雪の華 歌詞

歌詞 雪 の 華

另外,"降りやむことを知らずに"這句的主詞是"雪花",而不是"我們" 6. 「 僕が笑顔へと変えてあげる 」:官方是翻成「 我用笑容為你改變 」,但如果是這個意思,原文應該不會用"へと",而是"で" 5. Zero 雪の華 作詞:Satomi 作曲:松本良喜 のびた人陰 かげ を舗道にならべ 夕闇のなかを君と歩いてる 手をつないでいつまでもずっと そばにいれたなら 泣けちゃうくらい 風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に 君と近付ける季節がくる 今年、最初の雪の華を ふたり寄り添って 眺めているこの瞬間 とき に 幸せがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、君を愛してる 心からそう思った 君がいるとどんなことでも 乗りきれるような気持ちになってる こんな日々がいつまでもきっと 続いてくことを祈っているよ 風が窓を揺らした 夜は揺り起こして どんな悲しいことも 更多更詳盡歌詞 在 僕が笑顔へと変えてあげる 舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと 降りやむことを知らずに 僕らの街を染める 誰かのために何かを したいと思えるのが 愛ということを知った もし、君を失ったとしたなら 星になって君を照らすだろう 笑顔も涙に濡れてる夜も いつもいつでもそばにいるよ 今年、最初の雪の華を ふたり寄り添って 眺めているこの瞬間 とき に 幸せがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、君とずっと このまま一緒にいたい 素直にそう思える この街に降り積もってく 真っ白な雪の華 ふたりの胸にそっと想い出を描くよ これからも君とずっと…. Toshl 雪の華 作詞:Satomi 作曲:松本良喜 のびた人陰 かげ を 舗道にならべ 夕闇のなかをキミと歩いてる 手を繋いでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい 風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に キミと近付ける季節がくる 今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの瞬間 とき に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミを愛してる 心からそう思った キミがいると どんなことでも 乗りきれるような気持ちになってる こんな日々がいつまでもきっと 続いてくことを祈っているよ 風が窓を揺らした 夜は揺り起こして どんな悲しいことも 僕が笑顔へと変えてあげる 更多更詳盡歌詞 在 舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと 降りやむことを知らずに ボクらの街を染める 誰かのために何かを したいと思えるのが 愛ということを知った もし、キミを失ったとしたなら 星になってキミを照らすだろう 笑顔も 涙に濡れてる夜も いつもいつでもそばにいるよ 今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの瞬間 とき に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただキミとずっと このまま一緒にいたい 素直にそう思える この街に降り積もってく 真っ白な雪の華 ふたりの胸にそっと想い出を描くよ これからもキミとずっと. のびた人陰 かげ を 舗道に並べ 夕闇のなかをキミと歩いてる 手を繋いでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい 風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に キミと近付ける季節がくる 今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの瞬間 とき に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミを愛してる 心からそう思った キミがいると どんなことでも 乗りきれるような気持ちになってる こんな日々がいつまでもきっと 続いてくことを祈っているよ 風が窓を揺らした 夜は揺り起こして どんな悲しいことも ボクが笑顔へと変えてあげる 舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと 降りやむことを知らずに ボクらの街を染める 誰かのために何かを したいと思えるのが 愛ということを知った もし、キミを失ったとしたなら 星になってキミを照らすだろう 笑顔も 涙に濡れてる夜も いつもいつでもそばにいるよ 今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの瞬間 とき に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミとずっと このまま一緒にいたい 素直にそう思える この街に降り積もってく 真っ白な雪の華 2人の胸にそっと想い出を描くよ これからもキミとずっと…. 雪花 作词 : SATOMI 作曲 : Ryoki Matsumoto 歌:中島美嘉 のびた人陰 かげ を 舗道に並べ 夕闇のなかをキミと歩いてる 手を繋いでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい 拉长的身影 并列在柏油路 和你漫步在这片暮色中 多想和你一直手牵手 永远陪在你身边 甚至有想哭的冲动 風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に キミと近付ける季節がくる 寒风渐起 冬日气息弥漫 这座城市也将迎来 与你更靠近的季节 今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの時間 とき に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミを愛してる 心からそう思った 今年的第一场雪 我们相互依偎 静静眺望的瞬间 洋溢着满满幸福 撒娇并不代表懦弱 我只是爱着你 打从心底爱你 キミがいると どんなことでも 乗りきれるような気持ちになってる こんな日々がいつまでもきっと 続いてくことを祈っているよ 只要有你在我便觉得 任何事情都能克服 我祈祷着这样的时光 直到永远都不会变 風が窓を揺らした 夜は揺り起こして どんな悲しいことも ボクが笑顔へと変えてあげる 寒风叩窗 摇醒夜晚 再悲伤的事情 我都能化作笑容 舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと 降りやむことを知らずに ボクらの街を染める 誰かのために何かを したいと思えるのが 愛ということを知った 飘舞的雪花 在窗外下个不停 没有停止的迹象 染白了我们的街道 我才知道这种为了谁 想做些什么的心情 原来就是爱 もし、キミを失ったとしたなら 星になってキミを照らすだろう 笑顔も 涙に濡れてる夜も いつもいつでもそばにいるよ 如果失去了你 我会变成照耀你的星星 无论是微笑还是流泪的夜晚 永远都会在你身边 今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの時間 とき シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミとずっと このまま一緒にいたい 素直にそう思える 今年的第一场雪 我们相互依偎 静静眺望的瞬间 洋溢着满满幸福 撒娇并不代表懦弱 我只想就这样 永远和你在一起 我真心的这么想 この街に降り積もってく 真っ白な雪の華 2人の胸にそっと想い出を描くよ これからもキミとずっと… 这座城市堆积的 纯白雪花 轻描淡写出回忆 从今以后也和你永相伴. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 首先要指出的是,原文是寫"ずっと",而非"きっと",所以翻成"一定"是錯的。

19

雪の華 歌詞 Zero ※ www.olympicyachtcharters.com

歌詞 雪 の 華

。 。

雪の華 歌詞 中森明菜 ※ www.olympicyachtcharters.com

歌詞 雪 の 華

。 。 。

16

中島美嘉 雪の華 歌詞

歌詞 雪 の 華

。 。 。

雪の華 歌詞 May J. ※ www.olympicyachtcharters.com

歌詞 雪 の 華

12

雪の華 歌詞 HARUKI ※ www.olympicyachtcharters.com

歌詞 雪 の 華

。 。

雪の華/中島美嘉

歌詞 雪 の 華

。 。 。

11

中島美嘉

歌詞 雪 の 華